子供の矯正歯科治療マニュアル

子供の矯正歯科治療<0歳~2歳>

乳歯が生えてきた!

一般的に生後6カ月頃から乳歯が顔を出すと言われていますが、個人差があります。早い子で、3〜4カ月、遅い子では1歳を過ぎてもまだ生えてこないということもあります。

1歳を過ぎても生えてこないと言って悩まれるご両親は多いですが、子供の成長は一人一人違います。虫歯にならないかと心配する期間は少しでも短い方が良いでしょう?そんなふうに考えて、赤ちゃんと一緒にのんびり乳歯が顔を出すのを待ちましょう。

ただし、ごく稀なケースですが、無歯症ということがあります。どうしても心配な場合は歯科でレントゲンを撮ってもらうのも良いでしょう。

※無歯症…全部性(完全)無歯症と、部分的に歯が欠如している部分的無歯症があります。原因の特定は難しいですが、現在ではインプラントを使用するなどの研究が進められています。

さて、時期については様々ですが、生えてくる順番については?これも個人差があり、様々なのです。一般的な例としては、以下のような感じです。

乳歯の生える順番
  1. 6カ月〜9カ月 下顎の1番
  2. 10カ月〜生後1年 上顎の1番
  3. 生後1年 上顎の2番、下顎の2番
  4. 生後1年4カ月〜1年5カ月 上顎の4番、下顎の4番
  5. 生後1年6カ月〜1年7カ月 上顎の3番、下顎の3番
  6. 生後2年〜2年6カ月 下顎の5番、上顎の5番

チェックポイント

約2年〜3年をかけて、乳歯がすべて揃います。お父さんお母さんは子供さんの歯をじっくり観察してください。

  • 反対咬合になっていないか
  • 指しゃぶり、おしゃぶりをしているか

「反対咬合」というのは、かみ合わせが逆になっているということで、下の前歯が上の前歯にかぶさっている状態をいいます。 受け口とも言われます。(写真)

この時期の子供さんでは、一時的に反対咬合になっている可能性もありますので、矯正歯科での受診は様子を見ても大丈夫でしょう。ただし、心配な場合は、矯正歯科専門医を訪ねてください。

指しゃぶり、おしゃぶりは2歳頃からはやめさせる方向に持っていきましょう。最初は泣いたりするかもしれませんが、3歳ぐらいまでにやめることができれば大丈夫でしょう。

下の前歯が生えてくる時期には、食事の後にガーゼなどで軽く拭くようにします。上の前歯が生えてきたら、歯ブラシを使ってみましょう。お母さんの膝の上に頭を置いて、楽しく磨くようにしましょう。ガラガラうがいが難しいので、歯磨き粉はつけません。よだれが多く出ている間は、虫歯にはなりにくいと言われていますが、油断せず赤ちゃんが嫌がらないよう優しく磨いてあげてください。

メイン