子供の矯正歯科治療マニュアル

矯正歯科専門医について

矯正歯科の専門医とは、「矯正歯科」のみを標榜科目として掲げ、虫歯治療や歯周病治療といった一般歯科治療は行わない、矯正歯科治療だけを専門に扱う医院のことです。

歯科医師であれば、特に矯正歯科治療の経験がなくとも、「矯正歯科」を標榜科目に掲げることが出来ます。

歯科医師が矯正歯科治療の豊富な経験を持っているかどうかの判断基準の一つとして、日本矯正歯科学会の「認定医、指導医」の制度があります。
クレオ矯正歯科クリニックの院長は、日本矯正歯科学会の認定医・指導医です。

日本矯正歯科学会の「認定医、指導医」について

日本矯正歯科学会の認定医制度では、矯正治療に関して適切で充分な学識と経験を有するものに「認定医」の資格が与えられます。さらに、認定医の育成、及び矯正歯科治療に対する指導的役を果たす資格が「指導医」の資格です。

認定医の基準

  • 引き続き5年以上日本矯正歯科学会の会員であること。
  • 学会指定研修機関で5年以上の矯正歯科臨床経験があること。
  • 学会の認めた刊行物に矯正歯科臨床に関連する報告を発表し、認定医審査に合格したもの。

認定医の更新

  • 認定医は5年ごとに認定の更新が必要。
  • 認定期間の5年以内に所定の研修ポイントを獲得し、学会の認めた刊行物又は学術集会で矯正歯科臨床に関する報告を行う。
  • 第3回目の更新からは、所定の研修ポイントのみが必要。
  • 満65歳を過ぎた者は認定の更新を必要とせず、終身認定医となる。

指導医の基準

  • 認定医でありこと。
  • 12年以上学会会員であること。
  • 12年以上矯正歯科診療に専従していること。
  • 研修機関にて3年以上の教育研究にあたっていること。

« この時期の矯正歯科治療例 | メイン | 子供と矯正歯科 »