子供の矯正歯科治療マニュアル

チェックポイント

学校歯科検診

小学校の歯科検診で、不正咬合を指摘された場合は、速やかに矯正歯科専門医に相談された方が良いでしょう。

6歳から12歳の乳歯から永久歯に生え替わる時期には、子供さんが将来キレイな歯並びを手に入れるために出来ることがいろいろとあります。

歯と顎が成長期にあるこの時期には、抜歯をせずに矯正歯科治療が出来る場合も多く、第1期の矯正歯科治療を開始されることをお勧めします。そうすることによって、第2期の矯正歯科治療の負担がかなり軽減されます。

※ 第1期矯正歯科治療…乳歯と永久歯が混在する「混合歯列期」に始める矯正歯科治療
※ 第2期矯正歯科治療…永久歯への交換が終わり、永久歯だけの「永久歯列期」に始める矯正歯科治療

矯正歯科治療が必要な症状

乳歯がなかなか抜けない場合

乳歯がグラグラしているにも関わらず、なかなか抜けないことがあります。その際、乳歯が抜けるのを待てずに永久歯が顔を出してしまうと、永久歯はどこに生えていいかわからず、変な方向を向いて生えてくる場合があります。

矯正歯科専門医に相談し、乳歯を抜いたうえで矯正歯科治療を考えましょう。症状によっては、そのまま様子を見ることもありますが、正しい位置にうまく誘導することが可能です。

乳歯が抜けず、永久歯が顔を出さない場合

乳歯がなかなか抜けず、永久歯も一向に顔を出さない時もあります。状態にもよりますが、まずかかりつけの歯科に相談をしてください。レントゲンを撮って確認します。そのうえで、永久歯が生えてこられず埋伏している場合や永久歯の位置や方向がおかしい場合などは矯正歯科専門医を受診してください。

« 乳歯から永久歯へ | メイン | この時期の矯正歯科治療<床矯正> »